乃木坂46、若月佑美のラスト・ステージ「やっぱ若月だな!」☆「だなっ!」

12月4日、乃木坂46を結成から支えてきた若月佑美が新たなステージへ旅立った。

2012年8月に発売した乃木坂46の3rdシングル『走れ!Bicycle』で選抜入りを果たし、最新シングル『帰り道は遠回りしたくなる』まで20作連続選抜メンバー(内8作品が福神メンバー)としてグループを牽引してきた。
  

舞台などでは女優業を数多く経験し、今最も話題となっているNTV系ドラマ「今日から俺は!!」の川崎明美役としてレギュラー出演中。
またグラフィック・デザインも長けており、「二科展」では2012年から6年連続で入選するなど、乃木坂46メンバーの中でも随一の才能を持つマルチ・アイドルである。

そんな若月が昨日12月4日に日本武道館にて行われた「乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー」にて、乃木坂46メンバーとしての活動を終了し、旅立ちの日を迎えた。
1万人が動員可能な日本武道館だが、チケットは即ソールド・アウト。若月の卒業を後押ししたいと言うファンで会場は溢れた。当日会場に来られなかったファンのためにも全国60館73スクリーンで25,000人ほどを対象にライヴ・ビューイングも行われた。
  

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。

◆若月佑美・手紙全文

最後なので、みなさんにお手紙を書いてきました。読ませていただきたいと思います。今日で最後なので、クサいし、寒いセリフを真顔でしれっという私をどうか温かく見守っていてください。

————-

初期の頃から、将来の夢を聞かれてずっと答えていたものがあります。それは女優さんとか、そういう職業のことじゃなくて、誰かの人生にいい影響を与えたい、与えられる人になるっていう不思議な夢です。結構本気でいろんなところで言っていたので知っている方もいらっしゃると思いますが、それが私の知らないどこかでだったら、なお素敵だなと思いながら今日までやってきました。

家族や友人、担任の先生、習い事の先生とか、親しい人から影響をもらうっていうのは多々あることなんですけども、逆に直接的に会ったことがない人からなにか影響をもらうことってその人が選択して受け取らないとできないんじゃないかなって思っていました。しかもその影響を与える側ってなるとほんの一握りで。これが少しでも叶っていたら、私の7年間のすべてが報われます。

悩んでもがき苦しんだ日々もあったけど、そんなものなんてパってなくなっちゃいます。こんな私でも人の役に立てるじゃんって、誰かの助けになれるじゃんって。自分が大嫌いだったので、みんなの影響をもらったよってひと言だけですっごい嬉しくなります。

だから私はみんなに、ありがとうって言ってくれて、ありがとうって伝えたいです。みんなが私の原動力でした。不器用で空回りばっかりで、技術も武器も持ち合わせてなくて、1本線ばっかり引いちゃう性格で、感性も変わってるし、最後まで女の子っぽくもないし、もはやアイドルっぽくもなかったと思います。

でも応援してくれるみんながいたから、そんな私でも楽しくアイドルができたし、どこまでも頑張ろうと思えました。ファンの方最高!メンバーも最高!スタッフさんも最高!つまり、乃木坂って最高!こんなアイドルを愛してくれてありがとうございました。

乃木坂46若月佑美。

引用・出典
タワーレコード オンライン
マイナビニュース
モデルプレス

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。